50代からの正しいヘアケアとスキンケアの考え方

line_01

髪や肌の構造の原理原則は、時代や流行によって変わることはありません。

でも、一般的に世の中に出ているヘアケアやスキンケアについての商品や情報はどうでしょうか?

「新処方」や「新発売」や「新事実」という売り文句で、同じような商品や情報が定期的にリニューアルされている宣伝広告を見たことがあると思います。

幅広い層の人に受け入れてもらい、飽きられないようにするために、TVや雑誌、SNSやインターネット等では流行に沿った形で情報が発信されていることが現状なのです。

時代によって変わるものと、かわらないもの

ではなぜ、そのようなことが起こるのかというと、多くの人に知ってもらう為には流行に敏感な20代〜30代に合わせていかなければならないからです。

しかし、以前の投稿でもお伝えしましたが、髪や肌は年齢とともに確実に変化していきます。

年齢とともに変化する髪と肌には、話題や流行に沿った形ではなく、今の髪質や肌質の状態に合わせて適切な処置をしていかなければ、美しい状態を保つことは難しいのです。

20代には20代の、50代には50代の、80代には80代を美しくきれいでい続けるための技術や管理方法があるということを、ご理解いただければと思います。

話題の情報や流行りの情報を集めて、気持ちを若く持ち続けることてはとても大切です。

でも、気持ちの持ち方と現状の自己を管理する方法は、切り離して考えなければいけません。

つまり、気持ちの持ち方(感情)自己を管理する方法(事実)を分けて考えなければ、いつまで経っても適切な改善策を発見することができず、時間とお金を浪費し続けてしまうのです。

例えば、機械や家電製品、車なども同じで、新品と20年使い続けた物では、故障する箇所も変化しますし、修理やメンテナンスの方法も変わりますよね?

そのことと同じことなのです。

気持ちの持ち方(感情)自己を管理する方法(事実)のちょっとした視点を分けて考えることで、適切な改善策が見つかり、髪質と肌質は年齢に関係なく驚くほど美しく変化していくので、ぜひ実践してみてください。

 

50代からの髪と肌を蘇らせる美容室&エステサロン Authen(オーセン)

まつ毛エクステを美しく保つ方法

line_01

まつ毛エクステされているあなたに朗報です!

 

 

*装着したてだととっても綺麗なのは当たり前。

だけど、日にちが経ってきてまつ毛が段々下がって来た時お困りの方へ。

 

前回ホットビューラーの使い方をご紹介させて頂いた、

エステ担当の関野希絵です!

こんにちは!気温が段々と上がってきていますが、

まだまだ寒い日もある今日この頃。

体調管理も大変ですよね…。

関野も朝が苦手で、なおかつメイクが上手くいかないとしょんぼりです。

朝のメイクの仕上がりによってテンションが変わってしまう。

そんな関野と同じ方に少しでも簡単にメイクができるお手伝いを

日々提供できればと思っています!

 

 

さて!今回は前回、ホットビューラーの使い方をお伝えしましたが、

ホットビューラーはまつ毛エクステをされている方にも

ホットビューラーは愛用して頂きたいアイテムだという事を

この場をお借りしてお伝えしようと思います!

 

まつ毛エクステとは、ダメージや加齢で短くなってしまったまつ毛に

人工のまつ毛エクステを装着する事により、

目ヂカラやセクシーな目元の演出。

それにより品のある美しいまつげを作ります。

ただ、まつ毛に装着しているので、

自分のまつ毛が伸びると瞳に影ができてしまったり、

それにより眠たい人の目になってしまったりと

印象が崩れてしまいこともあります。

それを、まつ毛エクステ対応のホットビューラーを使う事で、

この自体を払拭できてしまうのです!

凄い!

使い方はいたって簡単。

根元にホットビューラーを当てるだけです。

簡単すぎてどうしよう…。

 

 

でもそれだけでまつ毛エクステあるあるの事態を払拭できてしまうのです!

 

是非とも皆さんやってみてください^_^

美まつ毛のお手伝いができれば幸いです!

 

最近豆苗を育てることに夢中な関野登希絵でした!

50代からの髪と肌を蘇らせる美容室&エステサロン

Authen

アーティスト作品展示企画の第21回 岡部 慶子 氏よる作品になります。展示期間:2019年5月1日(水)~6月30日(日)

line_01

私たちの日常はこんなにも

可愛く

美味しそうなもので囲まれていたなんて・・・

■タイトル

「旅の小さなスケッチ」

■展示内容

   旅先で出会った美味しいもの、可愛いもの、記憶しておきたいものを 小さな紙に ペンと水彩絵の具で描いています。

 見てくださった方々の、旅心、絵心をくすぐれたら嬉しいです。

■プロフィール

イラストレーター

岡部慶子 おかべけいこ

東京都出身  山梨県在住

(東京→神奈川→岩手→山梨→岩手→山梨)

2000年 画家永沢まこと氏に師事

2003年 〜

   〈スケッチ教室〉

新宿朝日カルチャーセンター

池袋コミュニティカレッジ

よみうり文化センター自由が丘 ほか

 (転居により、現在はすべて閉講)

  〈個展・展示〉

東京(西荻窪・目黒・国立)

岩手(北上・花巻・江刺・一関)

ロシアウラジオストクビエンナーレ ほか

  〈著書〉

「線で描く街角スケッチ帖」山海堂

  〈仕事〉

国内外スケッチツアー主催、絵本挿絵、看板、ガイドブック・雑誌・新聞・パンフレット・店舗冊子・ホームページ等のイラスト、等々

インスタグラム  namakemonokoto