マスカラがボソボソしてしまう。毛流れが綺麗にならない。 そんなあなたのマスカラにアドバイス!!

line_01

こんにちは!

まつげエクステ、エステ担当の関野登希絵です!

今回は前回ビューラーの使い方をご説明させて頂き、それでも綺麗にならない方へ、

ホットビューラーの使い方をお伝えさせて頂きます!

まつ毛が長くてビューラーだけだと上手くできない方や、まつ毛にカールが付きにくい方。

マスカラがボソボソしてしまう方、毛流れが上手くできなくて綺麗なアーチにならない方

必見です!

早速ですが、ホットビューラーにも色々ありますが、

今回はまつ毛を挟まないタイプの使い方をご説明致します。

注意としては、ホットと着くくらいなので皮膚には当てないようにだけ

お気をつけください!

指で温度を確認してからお使い下さいね!

ビューラーの使い方は1月に発行させて頂いたレターをご参考下さい!

  1. ビューラーでまつ毛にベースとなるカールをつける。
    ビューラーの使い方は1月に発行させて頂いたレターをご参考下さい!
  2. マスカラを塗る。この時片方ずつやります!
  3. ホットビューラーを当てる。当てる際は根元3~5秒中間3~5秒毛先3秒程です。

早くし過ぎると綺麗なカールにならないので注意して下さい。

2と3を片目ずつ行ってください!

これだけです!これだけで、写真の様に綺麗なまつ毛に仕上がります。

ホットビューラーを当てることでマスカラのボソボソも取れます!

どうしても残ってしまったものはコームやピンセットで取ってくださいねヽ(*´з`*)ノ

まつ毛が短い方もホットビューラーだと綺麗にカールが作れますので是非お試し下さい!

ホットビューラーも種類がいくつかあるのですが、まずはベーシックなものから使ってみてください!

美まつ毛になれるお手伝いが少しでもできたなら幸いです!

関野登希絵でした!

藤沢美容院 50代からの髪と肌を蘇らせる美容サロンオーセン

アーティスト作品展示企画の第20回 Atelier443氏&その仲間たちによる作品になります。展示期間:2019年3月4日(月)~4月29日(月)

line_01

Authen店内が物語と化す!!

パッチワークの温かみのある作品を

是非楽しまれてください。

当店をご利用にならない方でもご自由にご覧頂けます。

お気軽にお立ち寄りください♪

●パッチワークのAtelier443●

小学校の時の愛読書は「大高輝美のフェルトマスコット」と、母が購読していた「ミセス」(洋裁誌)。

スーツも着物も縫う手先の器用な母から手芸の手ほどきを受けました。

大人になってから、忙しい日々の生活の隙間に針を進めると

心が落ち着くことに気づき、パッチワークを始めました。

自宅で教室を始めてから数年、仲間と一緒に縫い続けて今に至ります。

今回は額入りキルトの展示の他、

自宅教室の生徒さんたちの作ったオオカミを大勢招いて(?!)

楽しい「3匹の子豚」の展示もお楽しみください。

【略歴】

2005年 パッチワークを習い始める

2010年 日本手芸普及協会 パッチワークキルト講師資格取得

2011年 自宅で小さな手芸教室を始める

2017年 キルト&ステッチショー バッグ部門最優秀賞

2018年 茅ヶ崎 SZKギャラリー 初個展

2019年 日本キルト大賞 額絵キルト部門 奨励賞

他、雑貨店やギャラリーで布小物の販売もしています。