髪ってどんな構造なの?~50代からの髪をキレイに保つための基礎知識~

line_01

今回は髪の内部の80%を占める

コルテックスについてもう少し

詳しくお話しします。

 

コルテックスは

➀フィブリル

②マトリックス

③細胞膜複合体(CMC)

④メラニン

で構成されています。

 

これらは私たちの身体で

例えていうなら

 

➀骨格=フィブリル

②お肉=マトリックス

③細胞膜複合体(CMC)=血管

④肌色=メラニン

 

というイメージです。

 

そしてこの中でも

特に知っておいてもらいたいものが

・マトリックス

・細胞膜複合体

 

マトリックスは

ケラチンタンパク質で構成され

髪のしなやかさ

弾力のもとになっています。

マトリックスがなくなると

ツヤと潤いがなくなり

ハリのない髪になってしまいます。

 

細胞膜複合体は

ケラチンタンパク質などで構成され

キューティクルと

コルテックスをつなぎ

更にはマトリックスにも

つながっています。

水分を保ち

毛髪に柔軟性を与えています。

 

そして、パーマやカラーは

細胞膜複合体である血管を

通って薬剤をコルテックス内部に

いきわたらせ

お肉であるマトリックスに

変化を与えているのです。

 

キューティクルが傷み

しっかりと引き締まった状態でないと

細胞膜複合体を通って

マトリックスが外部へ流出してしまいます。

お肉であるマトリックスがスカスカ

の状態であると

変化を与えるはずの対象物がないので

パーマもキレイにかかりませんし

カラーもキレイに染まりません。

お肉がスカスカなので

ハリもありませんし

ツヤもありません。

マトリックスは髪の健康にも

パーマのかかりにも

カラーの染まり方にも

とっても重要な役割を担っていることが

わかっていただけたかと

思います。

 

今日のキーポイント

 

マトリックスが満タンでないと

髪のハリやツヤが失われる。

マトリックスが満タンでないと

パーマやカラーはキレイにかからない。

 

髪の内部の状態は

髪の健康に多いに関係あるんです。

 

次回はあなたの髪の状態別に

髪に何が起きているのか考えていきましょう。