なぜ、50代・60代・70代と年齢を重ねると髪が傷むのか?

line_01

化学的に毛髪を知りましょう‼

と話して今回で5回目となりました。

  • なぜカラーが染まるのか
  • なぜパーマがかかるのか
  • なぜ髪が傷むのか
  • どうしたら髪が蘇るのか

それをきちんと自分のこととして

理解してもらうために

少し難しいお話をしてきました。

  • 髪は成分の話
  • 健康な髪の4つの結合の話
  • 健康な髪は酸性という話
  • 髪の色はメラニン色素できまる

覚えていますか?

 

あなたは自身の髪を汚くしたい、傷ませたい

なんて思いませんよね

 

それなのに

なぜ、50代・60代・70代と

年齢を重ねると髪が傷むのか?

何故かしら?

 

原因もわからないのに対処、予防の方法は

わかりません。

 

髪のダメージの原因は5つ

  • ヘアカラー、パーマによるダメージ
  • 紫外線によるダメージ
  • 熱によるダメージ
  • 間違ったシャンプー、ブラッシング、

カットによるダメージ

  • 年齢によるダメージ

ひとつひとつ簡単にみていきましょう。

 

➀ ヘアカラー、パーマによるダメージ

 ヘアカラーやパーマの

 アルカリ剤などの成分によって

 キューティクルが軟化し剥がれ、

毛髪内部の成分が損傷・流出してしまいます。

 

②紫外線によるダメージ

 紫外線を浴び続けることで

 キューティクルが損傷を受け剥がれやすくなり

 同時にメラニン色素も攻撃し、

 髪の色まで変えてしまいます。

 

③熱によるダメージ

 アイロンなどの熱は髪の成分、

 たんぱく質の変性を引き起こし、

 キューティクルと内部のたんぱく質を

 溶かし固めてしまいます。

 

④間違ったシャンプーブラッシング、カット

 髪の特性に合わないシャンプーや

 髪の繊維を壊してしまう強いブラッシング、

 髪をそぎ落とすようなカットは

 髪に負担を与えてしまいます。

 

⑤年齢によるダメージ

 年齢と共に髪の美しさを左右する

 女性ホルモンの減少により

 様々な髪のトラブルを引き起こします。

 

これらの対策を適切に行うために

自分自身で自分の髪のことを理解してください。

 

なぜ、50代・60代・70代と

年齢を重ねると髪が傷むのか?

 

今までお話した内容だけでも

髪のダメージの原因について理解しやすくなっていると

思いますが更に・・・・

次回は髪の構造についてお話していきます。

 

もっともっと自分自身の髪のことを

知っていきましょう。